新たな歯を知ろうインプラント

  

歯の裏側から

裏側矯正とは、歯列矯正をする方法のひとつです。歯の矯正は、普通の歯科ではなく、矯正歯科を掲げている歯科医で治療が行われますので、矯正歯科を受診する必要があります。 矯正歯科では、噛み合わせが悪い歯や、出っ歯、受け口などの歯並びの悪い歯を、矯正用の器具を使って、歯並びを正常な位置へ戻す治療を行います。この治療のことを歯列矯正と呼んでいます。 歯列矯正には大きく3つの種類があり、一般的に知られているものは、表側矯正と言って、歯の表側に器具を装着するタイプの方法です。マウスピースを使う矯正の方法もあります。そして、歯の裏側に器具をつけることで矯正を行う、裏側矯正があります。 裏側矯正を希望するのであればその意思をきちんと伝えておき、治療前にカウンセリングや検査などがありますので、説明などを聞いてから、裏側矯正をしてもらえるかどうかを最終確認をして決めることが大切です。

何故、裏側矯正という方法を利用するのかですが、やはり、最大の理由は矯正器具が見えないことです。 表側の矯正装置は、矯正をしていることがはっきりとわかってしまいます。特に女性の方で気にされる方が多いということが特徴的です。歯の表側全体に金具を装着するとなると、人と話すことも気が引けてしまうという方もいます。職業柄、矯正装置を目立たないようにしないといけないという理由で裏側矯正をする方もいます。誰にも気づかれずに矯正をしたいからという方もいます。このような個人的な理由は様々あります。 裏側矯正のメリットを理由に利用するというパターンもあります。この方法には、奥歯が前に動きにくいという大きな特徴があります。前歯が通常の位置よりも前へ出ている方の矯正をするときに、最も効果的な方法ですので、このような場合は、歯科医に治療方法として勧められることもあります。